Special Class Information

スペシャルクラスはゲスト講師を招いて企画する特別講座です。
今回はハリウッド大手制作スタジオのアニメーターとして数々のビッグタイトルに携わり、10年以上の経験と実績を持つ原島朋幸氏が、CG BOOSTERレギュラークラスの「ANITOON:Level Oneコース」をベースにした特別講座を担当します。
Level Oneコースは、Academy of Art Universityで現役ピクサーアニメーターが教える 「ピクサークラス」のティーチングメソッドを応用したアニメーション講座です。ピクサーアニメーターの原島氏が講師となるこの特別講座は、まさにピクサークラスそのものです。またとないこの機会に、是非ご受講をご検討ください。

原島朋幸 Tomoyuki Harashima

アニメーターとしてピクサー・アニメーション・スタジオに勤務。神奈川県出身。
電気通信大学を卒業し、エンジニアとして勤務。退職後にデジタルハリウッドにてアニメーションを学ぶ。在学中に制作したショートフィルムが、1999年にロサンゼルスで開催されたSIGGRAPHのElectronic Theaterで上映される。

2001年に渡米しサンフランシスコの美術大学Academy of Art Universityにて、ピクサーの現役アニメーターが教える通称ピクサークラスを履修する。在学時には、ロサンゼルスにあるVFXスタジオの老舗Rhythm & Hues社のアニメーション・インターンとして『ガーフィールド2』の制作に携わる。

卒業後DreamWorks Animation社とPDI/DreamWorks社にてアニメーターとして『ヒックとドラゴン1、2』や『マダガスカル2、3』などの制作に携わる。2015年3月より現職。

原島朋幸デモリール

ANITOON:Level One Special Course

ANITOON:レベル1特別コース
powered by Anitoon Academia

特徴

  • 分かりやすく効果的な授業内容。
  • 週1回、合計12週間という期間内で、受講日ごとに決められた課題に挑戦します。
  • 毎週、講師が提出課題に対して「良い点」と「改善点」をお伝えし、翌週までに修正を加えて再提出することが基本となります。
  • 授業はオンラインのビデオ通話によって行われ、授業内容は毎週録画されます。クラス終了後には受講生全員が閲覧できるので、メモを取る必要がありません。

内容

      

Level Oneコースではアニメーションを作る上でなくてはならない重要な基礎を学びます。
まず重さの違うボールの弾み、バウンシグボールの動きから始めます。次に錠剤型のキャラクター、振り子のペンデュラム、そして人型のキャラクター+一つの物でのアクションへと進行します。
極めてシンプルな内容からスタートするため、入門者向けでありながらも、この先学ぶこと全ての中で最も重要な基礎を身に着けるクラスとなります。最低限Mayaの操作方法を習得していることが前提となりますので、全くMayaに触れたことがない方は、下記のリンク先を参考にしてください。操作方法に関する基本的な情報やビデオが掲載されています。

※この講座では、お招きする講師のキャリアによって受講料が異なります。

▶ANITOONブログ:Maya入門からの動画講座

注意事項

受講に際しての同意書
本講座を受講するには、教育目的でピクサー社員が講師を務める際の受講者同意書が必要になります。同意書にご署名頂かなければ受講ができませんので、同意書の内容をご理解の上、ご署名頂ける方のみお申込みください。

原文と翻訳サンプル

同意書のご返信手順は以下とさせて頂きます。

1)お申込時に記載のメールアドレス宛に同意書(英語原文)のPDFをお送りします。
2)ご署名後、FAX、郵送またはPDF化できる方はメールにてご返信ください。
※お申込後でも同意書が頂けない場合はキャンセルとなります。ご了承ください。

・受講のご検討には「レッスンに必要なもの」もご参照ください。
・ご質問は「お問い合わせ」からお願い致します。
ANITOON:Level One特別コース

  • 講師   原島朋幸
  • 日本時間 日本時間の毎週土曜日13:00PM〜16:00PM
  • 講義開始 6月3日(予定)
  • 受講期間 12週間
  • 受講料  140,000円+消費税
  • 定員数  8名
  • ※講師の体調不良やインターネット接続不良などの予期せぬ事態を含み、講義の週が繰り越される場合があります。万が一その週の講義を予定通りに行うことができなかった場合、講義は翌週に持ち越され最終日も遅れることになります。その点ご了承ください。